Top >>

Ball Python(ボールパイソン)とは

ボールパイソン
ボールパイソン
ボールパイソン
和名
ボールニシキヘビ/英名:Ball python(Python Regius)
別名
Royal Python (王室のニシキヘビ)
原産地
アフリカ西部〜中部にかけて広く分布し、輸入される大半はベニン、ガーナ、トーゴ産のものである。
生息地
サバンナの平原や木がまばらに生えている地域や耕作地等、熱帯の乾燥地域に生息している。ネズミの掘った古い巣穴などで大半を過ごす。夜行性であり、げっ歯類を主な餌としている。
大きさ
平均的な成体のサイズは120p〜150pである。雌の方牡よりもが大きく、太く重量感がある。雌成体の平均的重量は2kg〜3Kgである。
寿命
平均寿命は15年〜20年であるが、48年という長寿の記録がある。
ケージ
幼蛇は靴箱程度の小型サイズのケージにシェルターを入れ飼育する。
そして、亜成体、成体と成長と共にケージのサイズを大きくする必要がある。
成体になれば、横45p×縦60p×高さ20pが最低確保すべきサイズである。
飼育温度
エアコン等によるの室温管理と底面ヒーターを併用し、ヘビ自ら適正な温度を選択出来るようケージ内に温度勾配を設ける。
目安
高温域の温度、昼間30℃〜32℃ 夜間29℃〜27℃
     ・低温域の温度、昼間29℃    夜間27℃ 
     ・冬季の温度、 昼間27℃    夜間25℃
湿度
40%〜60% 脱皮前等にはケージ内に霧吹きを行い湿度を高めに保つ。
シェルター
個体差にもよりますが、個体を落ち着かせる為には有効であります。
給水/
水入れ
脱皮不全を繰り返す個体には、全身が浸かれるサイズが確保できればベターであります。特に問題が無ければ、飲料専用サイズの水入れでも問題ありません。
床材
幼蛇〜亜成体では、キッチンペーパー等が適しています。
 :成体にはペットシーツが適しています。
体の大きさに合わせたマウス、ラットファジーマウス→ホッパーマウス→ピンクラット→ファジーラット→ホッパーラット→アダルトラットとマウスからラットへ切り替えるか、ファジーマウス→ホッパーマウス→アダルトマウスM→L→LL 等、マウスしか食べない個体、ラットしか食べない個体等、個体差が生じる為、個体に応じた給餌法を選択する。
注意事項
体に合わせた冷凍マウス、ラットを湯銭等、解凍して与えるが、食滞を起こさないように完全に解凍してから与える。食後は過度のハンドリングは行わない。

生後1年〜2年以上経過した個体は冬季の11月〜4月(個体によって異なる場合がある)約半年間、活動はするが餌は食べない、もしくは極端に食が細くなるBallpython独特の休眠期が訪れる。その個体が性成熟を迎え繁殖期に入った事を意味する。半年食べて半年食べないこれが性成熟を迎えたBallpythonの基本的な生活リズムです。
又、ヘビは脱走がとても得意なので、施錠するなど充分注意を行って飼養してください。また、遺棄の禁止や終生飼養する飼い主の責任等、充分考慮した上でご検討頂けますようお願い申しあげます。